ケンタロウさん!

昨日は大阪市のイベントであの料理研究家(彼はご自身のことを料理家というが。)のケンタロウさんの講演を聞きにいきました!
c0052910_2225644.jpg

このイベントは若年者労働意識啓発セミナーとかなんとかという、多分、いわゆる「ニート」対策のセミナー。大阪市のイベントではありますが、大阪市民以外でも労働意識啓発される必要がない人でも参加ができたもので、私はこのセミナーのバックグラウンドはさっぱりしらず、ただただケンタロウさんに会いたくて・・・参加。彼は私のとても好きな料理研究家の一人。彼のレシピは家にある材料で「手軽に!手早く!おいしく!」できるところが本当にいい!

話はお料理の事よりはこのセミナーの意図したいところである、彼がなぜ料理家に行き着いたかとか、仕事とどう向き合って生きていくかというところにおもきが置かれていました。
彼がもともとイラストレータを目指していたことは昨日、初めて知りました。ご存知のとおり、お母様は小林カツ代さん。カツ代さんのアシスタントとして手伝っていた時は料理家になりたかったのではなく、カツ代さんのところに来る出版社の編集者へ自分のイラストを売り込めるのでは・・・ということからだったそうです。
結局、イラストの仕事が取れたのではなく、彼自身も料理をやってみないかという話になっていって、現在に至るとの事。彼は自分のなりたいものでもなくても、いろいろやっているうちに道が開けることもある・・・と、まさにニートや求職者に理解してほしいことをさりげなく話されていました。(大阪市がそのような話の運びにしていたのでしょう。当然ですが。)

東京生まれ、東京育ちの方ですが、カツ代さんが大阪の出身なので、自然と関西弁が出たりしてすごく親しみがわきました。東京の小学校では「目バチコ」と言っても通じなかった・・などのエピソードもあり。私は小学校を神奈川で過ごし、関西にきて「ものもらい」って言って、「何言うてんの?」って言われたことがあったので、ホント、親しみがわきました。

2時間の講演で1時間は会場に来ている人の事前の質問に回答するというもの。私は書くことにこまり、「老後はどうすごしたいですか?」なんて、主旨にあわない質問を書き、それも司会の方から紹介されたもんだから、「老後ですか~????えー、考えたことないな~。」とかなり、回答に困られていました。

レシピが書かれた紙も頂いたので、今度、作ってみたいと思います。その時はまた、ブログにのせますね~。
[PR]
by fj882611 | 2005-09-18 22:04 | 今日の出来事
<< 早速、実行。 和のスイーツ >>