洋食器

私のネットショップSweetTableでテーブルウエア(洋食器)の事について少し書いたのですが、
http://www.sweet-table.com/tablestory.htm
歴史を調べていくと深いですね。やっぱり、中国に行き着くのねという感じです。
先日たまたま、DiscoveryChannel(ケーブルテレビのチャネルの1つでドキュメンタリーばかりを扱ったアメリカのチャンネル)を見ていたら、まさに陶器の歴史がやっていました。
紀元前から中国では陶磁器が作り出され、1600年ごろにオランダで設立された東インド会社によって中国からヨーロッパに広まって、その後、様々なヨーロッパの有名な窯ができたところまでをドキュメントされていました。
しばらく、世界史から遠ざかっていた私には「ヘー」の連発でしたね。

なんか、そういえば昔、ヨーロッパの陶磁器の本を読んだよな。。と思いながら、書棚を探したら、これが出てきました。
c0052910_1192694.jpg

セーブル、ジアン、アビラント、ベルナール、バカラといった有名な窯の話をわかりやすく書いてありました。ドイツ編、イギリス編、トルコ編、南欧編、北欧編と出ているみたいなので、今度、他も購入して見ようかなと。ご興味がある方もいかがですか?
写真は「ヨーロッパ陶磁器の旅 フランス編」浅岡敬史著 中公文庫です。

大学院生でもある私は今年は修士論文を書かなければいけないので、読む本がありすぎて、頭にインプットする隙間がありませんが。
[PR]
by fj882611 | 2005-03-29 11:34 | 食器
<< 興味深い映画 満足~ >>